マインクラフトPE日記

Android版のMinecraft(PE)で遊んでいます

マインクラフト/単純なクリーパートラップの作り方。ディスクを入手して音楽を聞こう【Android版 Minecraft PE】

マインクラフトで、素敵な音色を聞かせてくれる「ジュークボックス」でも、ジュークボックスは、ディスクがないとただの置物です。

ディスクは、クリーパーがドロップするのですが、自分で倒してもドロップしないんですよね。

f:id:cild:20171106103536j:plain

クリーパーにディスクをドロップさせるには、「スケルトンの弓でクリーパーを倒す」という条件があります。

そこで今回は、スケルトンスポナーを使って、クリーパーをカンタンにやっつける方法を解説します。


クリーパートラップの作り方

スケルトンの弓矢で、クリーパーを倒すには、プレーヤーとスケルトンの間にクリーパーを置かないといけません。

つまり、スケルトンがプレーヤーを狙って打った弓矢が、クリーパーに当たるようにする必要があるんですね。

これを、自然にやろうとするのは、不可能ではありませんが、かなりむずかしいです。

そこでトラップです。

まず、スケルトンスポナーを探してみてください。洞窟にある、スケルトンがうじゃうじゃ生まれてくるアレです。

もう見つけていたら、たいまつを点けて封印してると思うので、その前提で書いていきますね。


クリーパートラップ

まず、スポナー部屋があります。それを長方形に広げます。そして、スポナー部屋の天井から、たいまつを点けたり、消したりできるように、1ブロックだけ穴を開けておきます。

つぎに、丸石で、図のように壁を作っていきます。

▼うえから見た図
f:id:cild:20171106100751j:plain

仕切りのカベは、高さは5ブロック、したから2段目は開けておきます。

最後に、作ったカベの間に、外からバケツで水を流せば、とりあえずトラップは完成です。


ディスクを入手する手順

クリーパーは夜になると自然発生するので、はしごをかけたブロックの上で夜を待ちます。そして、暗くなると、クリーパーがスポーンします。

そこで、いったんベッドで寝て朝へ。

夜が明けたら、クリーパー以外のゾンビやクモを弓矢で処理します。

それから、クリーパーに接近すると、こっちを見つけて追いかけてくるので、うまく誘導して川に落とします。

▼川
f:id:cild:20171106101000p:plain

水で流されて行くクリーパーを見届けたら、今度はスポーン部屋の天井へ行って、穴から、たいまつを消します。

▼スポーン部屋の天井
f:id:cild:20171106101159p:plain

そして、反対の部屋へ降りて、スケルトンに弓を打たせます。

▼自分の側から見た図
f:id:cild:20171106101318p:plain

▼スポーン部屋から見た図
f:id:cild:20171106105331p:plain

このとき、左端に寄っておけば、水流で身動きのとれないクリーパーに、スケルトンの矢がズブズブ当たります。


f:id:cild:20171106101354p:plain

たまに、自分にも当たってしまいますが、目の前の丸石のすき間を、ハーフブロックで狭くしておけば、かなり防げます。

無事にクリーパーが倒れたら、ミッション完了です。

▼クリーパーのいたところ
f:id:cild:20171106101453p:plain

あとは、スポーン部屋のたいまつを点けなおして、残ったスケルトンを処理します。


まとめ

手順をまとめておきます。

① クリーパーを川へ流す

② スケルトンスポナーのたいまつを消す

③ 反対の部屋に立って、スケルトンの弓矢でクリーパーがやられるのを待つ

④ クリーパーがやられたら、スポナー部屋のたいまつを点ける

⑤ 残ったスケルトンを処理する

⑥ クリーパーがいた場所へ行って、ドロップしたディスクを回収する


最後に

いろいろ試してみたのですが、この方法がカンタンで安全でした。

はじめは、追いかけてくるクリーパーを、部屋に閉じこめたり、落とし穴に誘い込む仕掛けを作ったのですが、何度も爆発されて大変でした。


クリーパーのディスクドロップ率は100%なので、繰り返し使えます。

注意点は、クリーパーと自分の距離は、最低でも5ブロックは離しておくことです。天井を移動するときも、高さ5ブロックは確保しておいた方がいいですね。

ディスクを全部集めるのは、なかなか難しいけど、一枚でもあれば、音楽を楽しめるので、ぜひチャレンジしてみてください。

僕のお気に入りは「散歩」「ワード」も好きです。

もしもディスクが鳴らないときは、こちらも参考にどうぞ。